その昔太閤秀吉にこよなく愛された有馬温泉

日本三名泉の一つである有馬温泉は、その昔太閤秀吉とその妻ねねに こよなく愛されたと言われる名湯です。
MENU

日本最古の歴史を誇る有馬温泉

有馬温泉 日帰り おすすめ

 

日本三古湯、日本三名泉に数えられる有馬温泉に湧き出る、鉄さびを溶かしたような独特の赤茶色をした金泉。神戸・阪神間の背後に屏風のように連なっている六甲山系の北側山麓「有馬温泉」は、太古の昔から多くの人に愛されてきました。7世紀、舒明天皇や孝徳天皇が滞在した記録が「日本書記」にも残っています。

 

六甲山系は、ユーラシア大陸のプレートとフィリピン海プレートがせめぎ合い、ぶつかり合った大地がせり上がって誕生しました。そのせめぎ合いは長い休憩を挟んで何度も繰り返されています。有馬の温泉は強烈な圧力で熱湯になった地下水。それが断層の割れ目を伝って噴出したものです。

 

有馬温泉は、環境省が療養泉として指定している9つの主成分のうち、7つもの成分を含む世界的にも珍しい多くの成分が混在した温泉です。有馬温泉には、日帰りでも温泉を楽しめる旅館があります⇒有馬温泉 日帰り おすすめでお好みの温泉旅館で日頃の喧騒を忘れてリラックスしてみませんか?

 

 

金泉

神代の時、大巳貴命と少彦名命の二柱の神により発見された有馬温泉、三羽のカラスが傷を癒していた有馬の金泉は、日本人がまだ土を掘る技術を持たない時代より大地の恵みをたくわえて自然に湧き出ている自然の温泉のことでございます。有馬各地で湧きだしている金泉は泉源ごとに微妙に泉質が異なります。

 

 

銀泉

小説「鼠」(城山三郎作)に、当館の銀泉「ラジウム泉」が紹介されています。個体をラジウム、気体をラドンと呼ばれる放射線物質を、呼吸器から吸入することで、全身の組織へ到達し、自然治癒力を高める効果が期待できます。

 

このページの先頭へ