もっと徒然

行ったことのある温泉地やこれから行きたい温泉地を徒然と書いてゆきます。他にも気になることは書いてしまうかも・・・
MENU

憧れのサックス|初心者でも楽しく吹けるようになる秘密のレッスン

サックス 初心者 上達法

 

「憧れのサックスをカッコよく吹いてみたい!」もしあなたがそう思ったことがあるなら、ぜひこの続きをご覧ください。音楽経験ゼロの68歳の男性が、歌いながらどんどん上達できた!

 

その画期的な方法をご紹介します。「忙しくてサックス教室に通う時間がない」「楽器の選び方が分からない」「そもそも楽譜が読めない」そんな「超」初心者だった68歳の男性でも、驚くほど短期間で。「聖者の行進」に、「いとしのエリー」、「ルパン三世のテーマ」など名曲を憧れのシブい音色で演奏できるようになった方法とは?中高年層からの圧倒的な支持を受けて人気がグーンと上昇中!初心者でもカッコいいサックス奏者になれる。

 

ご安心下さい。あなたがやることはカンタンです。「見る」「歌う」「吹く」の簡単3ステップ。

 

ただし、もしあなたが、プロのミュージシャンや、プロサックス奏者になりたい。そう思われているなら、この上達法は向いていないかもしれません。というのも、このサックス上達法は「憧れのサックスを趣味として楽しみたい!」「大好きな曲をサックスで吹けるようになりたい!」という初心者のための、基本からの丁寧な解説だからです。大人の趣味としてサックスをマスターしたいなら、想像以上に短期間で、楽しくサックスが吹ける方法です。

 

なぜ、それほど短期間で上達できるのか?そのヒミツとは・・・このサックス 初心者 上達法では、ドレミを覚えたり、楽譜の知識を詰め込んだりする前に、まずサックスを吹いてしまいます!知識を詰め込む前に、とにかく楽器を吹けるので上達が早いのです。ですが、初心者がいきなり吹いてもいい音が出ません。そこでいい音を出すコツとして、先生独自の練習方法を取り入れています。誰でもできる「歌う」というさらに簡単な所からスタートすることで、あら不思議。気付くとサックスが素敵な音になっているんですね〜。

 

ドレミが全く読めなくても吹ける、ってどういうこと?歌って上達って、どういうこと?さらに、これが一番人気の嬉しい点ですが、自宅で好きな時間に好きなだけ上達できるので、あなたのペースで効率よくレッスンを進められます。日曜日や深夜しか時間がない、という場合も大丈夫。いつでも好きなときに、あなたの自宅がレッスン場になります。ですから挫折することなく、あなたも近い将来、「いとしのエリー」や、「ルパン三世のテーマ」などサックスのシブい音色で名曲をカッコよく演奏していることでしょう。

 

想像してみて下さい。
憧れのサックスであなたの好きな曲を自由自在に吹いているあなたの姿を!ご友人やご家族の前で、サックスで好きな曲を披露し、拍手喝さいを浴びているあなたの姿を!心の底から震えるような感動を感じることができるでしょう。あなたもこのチャンスにぜひ、憧れのサックスに挑戦してみませんか?

 

» 続きを読む

日本三名泉に数えられる有馬温泉に湧き出る名湯を楽しむなら

有馬温泉 日帰り おすすめ

 

日本三古湯、日本三名泉に数えられる有馬温泉に湧き出る、鉄さびを溶かしたような独特の赤茶色をした金泉。神戸・阪神間の背後に屏風のように連なっている六甲山系の北側山麓「有馬温泉」は、太古の昔から多くの人に愛されてきました。7世紀、舒明天皇や孝徳天皇が滞在した記録が「日本書記」にも残っています。

 

六甲山系は、ユーラシア大陸のプレートとフィリピン海プレートがせめぎ合い、ぶつかり合った大地がせり上がって誕生しました。そのせめぎ合いは長い休憩を挟んで何度も繰り返されています。有馬の温泉は強烈な圧力で熱湯になった地下水。それが断層の割れ目を伝って噴出したものです。

 

有馬温泉は、環境省が療養泉として指定している9つの主成分のうち、7つもの成分を含む世界的にも珍しい多くの成分が混在した温泉です。有馬温泉には、日帰りでも温泉を楽しめる旅館があります⇒有馬温泉 日帰り おすすめでお好みの温泉旅館で日頃の喧騒を忘れてリラックスしてみませんか?

 

 

金泉

神代の時、大巳貴命と少彦名命の二柱の神により発見された有馬温泉、三羽のカラスが傷を癒していた有馬の金泉は、日本人がまだ土を掘る技術を持たない時代より大地の恵みをたくわえて自然に湧き出ている自然の温泉のことでございます。有馬各地で湧きだしている金泉は泉源ごとに微妙に泉質が異なります。

 

 

銀泉

小説「鼠」(城山三郎作)に、当館の銀泉「ラジウム泉」が紹介されています。個体をラジウム、気体をラドンと呼ばれる放射線物質を、呼吸器から吸入することで、全身の組織へ到達し、自然治癒力を高める効果が期待できます。

 

» 続きを読む

大河ドラマ『八重の桜』で一躍注目された会津の見所は?

会津の旅館(ホテル)

 

会津若松と言えば大河ドラマの『八重の桜』で一躍有名になりましたね。もともと歴史の息ずく街の会津若松。貴方はどんなイメージをお持ちでしょうか?会津に対する良く聞くイメージとしては、鶴ヶ城、白虎隊、磐梯山、起き上がり小法師や赤べこなどの民芸品でしょうか・・・・なんか凄い渋い感じがしますね。

 

でもそれだけではないですよ。私の一押しは会津塗ですね。昔ながらの黒と赤の渋い器だけでわなく、可愛らしいアクセサリーもあるなんて知っていましたか?イヤリングやペンダントなどを自分で作る体験なんかもできちゃうのです。

 

それに街中には美味しいスイーツも沢山ありますよ。城下町ながらのレトロな雰囲気の建物の中で、可愛いお洒落なスイーツが楽しめちゃうのです。

 

さらに、会津若松はお米が美味しいのですが・・・あれっ?お米が美味しいと言うことは日本酒も美味しいものが沢山あるのです。あまり日本酒が得意でないと言う女性には濁り酒のサイダー割りなんて飲みやすくて、まるでカクテルでも飲んでいる感じですね。

 

 

実は隠れたグルメの宝庫の会津若松。メジャーどころはソースカツ丼や蕎麦ですが、会津若松のグルメの魅力はそれだけにとどまりません。まずは、郷土料理。古臭いとバカにするなかれ、ニシンの山椒漬けは、オツな味で女性も魅了する人気者。

 

ビックリなのは、まんじゅうの天ぷら!会津は山菜とかニシンとか、いろいろ揚げちゃいます。まんじゅうも揚げちゃいます!そして会津若松のグルメを語るうえで外せないのが、馬肉(桜肉)です。脂肪分が少なくヘルシー、しかも美味しい!馬刺し、桜鍋、桜寿司・・・お店によっていろんな味が楽しめます。特に、桜レバーの刺身は絶品!扱っているお店は限られていますが、会津若松に来たらぜひ食べてほしい一品です。内緒でオススメなのが「会津カレー焼きそば」ススメですよ!

 

いろいろ見どころ満載の会津を観光するなら、やはり旅館に宿泊して、じっくり観光してみては如何でしょうか?会津の温泉でのんびり湯あみをし、美味しい料理に舌鼓を打ちながらのんびり過ごすのも良い物ですね。

 

» 続きを読む

伊豆の旅館でのんびり過ごしたい

都内から数時間の距離にある伊豆半島。絶景のロケーションや海岸ビーチと自然に恵まれた観光地ですね。海沿いと言うだけあって、取り立ての海産物は是非とも味わいたいものですね。

 

伊豆は広く、大きく東伊豆、南伊豆、中伊豆、西伊豆の4つのエリアに分かれ、エリアによって特徴も異なります。

 

東伊豆

日本を代表する温泉観光地として知られる熱海から相模湾沿いを南下し、河津温泉郷までの東海岸一帯を総称して東伊豆と呼ぶ。名湯、歴史文学、芸術、そして美しい自然景観など、数え切れないほどの観光名所と発達した交通網をもち、四季を選ばず多くの観光客が訪れる。また、港直送の活きの良さをアピールする磯料理の店や良質の湯を引く宿も数多く、各店が切磋琢磨をすることにより、質の高さを維持していることも人気の要因となっている。

 

南伊豆

南伊豆とは、下田市と南伊豆町全域を指し、一年中温暖な気候に恵まれた南国ムードあふれるエリアだ。黒船来航により、近代日本の黎明地となった歴史の街下田、伊豆半島最南端の景勝地石廊崎、伊豆半島屈指の温泉地の蓮台寺、下賀茂などがあり、伊豆観光の主要エリアといえる。水と砂浜がきれいな海水浴場も点在し、夏場は大変な賑わいを見せる。また、伊豆半島のなかでも民宿の数が多いのも特徴だが豪華設備が整うおしゃれなリゾートホテルもある。

 

中伊豆

天城路とも呼ばれ、古くから伊豆半島を縦断する主要道として栄え、源氏や北条氏ゆかりの史跡が点在している。また、『伊豆の踊子』や『修禅寺物語』など、数多くの文学作品の舞台としても有名。天城山や狩野川、河津川などが作り出す美しい自然美が魅力で、多くの観光客やハイカーが訪れている。伊豆長岡、修善寺、天城湯ヶ島など、伊豆を代表する温泉が連なる温泉天国であり、海沿いの宿とは趣が異なるしっとりとした情緒ある宿が多いのが特徴

 

西伊豆

西伊豆エリアには、駿河湾沿いの海岸線に小さいながら個性的な町がいくつも点在している。鉄道がないので、修善寺か下田からバスもしくは車でのアクセスとなるが、そのおかげで、素朴でゆったりと時間の流れる西伊豆ならではの魅力を満喫できるはず。いずれの町でも駿河湾の地魚と温泉が楽しめるほか夕日の美しさでも定評が高い。黄金崎や恋人岬の展望台で夕日を眺めれば、いつまでも心に残る大切な思い出になるに違いない。

 

 

お好みのエリアの旅館を探すなら此方から⇒伊豆の旅館ランキング
評判の良い温泉旅館でのんびりと伊豆の湯に浸かり、美味しい山海のご馳走を頬張り満喫したい物ですね。

» 続きを読む

ページランク表示

このページの先頭へ